エントリーはこちら リクナビエントリーはこちら
愛知県豊橋市にある総合建設業、神野建設株式会社のリクルートサイトです。
総合建築業 神野建設株式会社 神野建設Webサイト 神野建設リクルートサイト

募集要項

ある時はスーツに身を包み就職ガイダンス会場で会社説明を、ある時は営業としてお客様を訪問し、またあるときは作業服を着て現場へ出向く……。

お施主様はもちろん、学生や学校の就職指導課、現場で働く協力会社の皆さんや自社の社員など、様々な人達と関わる。図面を見ながら打合せもすれば、測量もこなす。そんなマルチレディ、忠内さんにお話を伺いました。

-お仕事の内容をお聞かせください。

建築事業部 工事部に所属していますが、採用担当を兼務しています。

工事部では、新築や増築、改修などの提案営業を行っています。社内では計画図面や提案書などの資料を作成しています。

採用担当としては、大学訪問をしたり、会社説明会や現場見学会を行っています。

仕事の幅が広いので、効率的に仕事をするためのスケジュール管理を心がけています。

-最近の応募者に、傾向のようなものはありますか?

将来性、安定性などを気にされる方が多いですね。

ちょっと前なら、会社説明会などの場では質問しづらかった内容ですよね。でも、時代背景もあるんでしょうね。確かに大切な問題で気になる部分でもあります。同時に、新卒で就職した企業に定年まで勤めたい、という考え方が強い傾向にもあるので、なおさら重視する項目なのかも知れません。

-現職の皆さんはどんな志望動機でしたか?

神野建設の社風といいますか、郷土愛が強いんです。“地元就職を希望していたので神野建設を選んだ”という方が多いんですよ。

私の場合は、小学生の頃に阪神淡路大震災で高速道路が倒れている様子をTVで観て恐怖を覚えたことが心に焼き付き、高校時代には東海大震災の問題が注目され、同じ恐怖を感じました。そんな折りに土木工事の現場を通りがかり、“土木の仕事で自分の暮らす街を守りたい!”と思ったのがきっかけです。

-希望通りの配属・職種に就けるものですか?忠内さんの場合は?

必ずしも希望通りになるとは限りませんし、それ以前に自分が想像していたことと現実とのギャップがないように、よく企業研究をされることをお勧めします。特に、インターンシップへの参加は実際に自分の目で確かめられて質問をするチャンスも多いので是非利用してください。

私の場合、最初は施工管理技術者(現場監督)を希望して就職活動をしていました。自分自身の手で構造物を造り上げる事、またチームでひとつに目標に向かう事に魅力を感じていました。
これは、学生時代にインターンシップに参加して感じたことです。
神野建設を受験した際に、土木ではなく、建築のしかも施工管理ではなく、営業職で受験してみないか?と聞かれました。
はじめは戸惑いましたが、これもひとつの出会いだと思い、受験を決めました。
私の視野になかった営業職ですが、あのとき私を見て営業職でと、お話をしてくれたことに感謝しています。

-神野建設の社風などについて、教えてください。

技術者集団、というイメージですね。皆が資格を持ち、誇りを持って専門的な仕事をしています。

サーラグループに属しているため地域貢献度も高く、社員もその家族も生活安定性という点ではより安心できますので、結果的にはより仕事に集中できる、ということかも知れません。

あと、社歴が長く、多くの実績があります。小学校の教科書にもその功績が紹介されているほどです。

また、年齢や経験に関係なく自分の意見を言える場面がある点も良いところだと思います。

それから、実は若手社員が少ないことが気になっています。リーマンショック以降、採用を控えた時期があったからなのですが、これから入ってくる皆さんにとっては、逆にすごいチャンスだと思いますよ。

-忠内さんご自身は神野建設とどう向き合っていますか?

当初の思いとは違う部署と職種ですが、とてもやりがいを感じています。

素晴らしい技術や多くの経験をもった方が多いのでその技術を受け継いでいきたいと思います。

私自身が成長し会社に貢献できるように仕事をしていきたいと思います。それと同時に、若手社員に仕事の魅力を伝えていきたいと考えています。

-お仕事のやり甲斐や楽しさ、喜びなどについて教えてください。

やり甲斐や楽しさを感じるのは、できなかった事ができるようになった時ですね。

はじめは一つ一つわかることが増えていくだけで楽しく感じましたが、やはり今は、仕事を受注できたときに喜びを感じます。

また、お客様から直接連絡が入る回数が増えていくと信頼されているのかと思い嬉しいですね。

-反対に、辛いと思うことは?

あります。
知識や経験が必要な仕事ですので、一人立ちまでには時間がかかる職種だと思います。そのため、自分の力不足や先輩社員との能力差を感じる局面が多いです。

そういう時は気持ちの切り替えが大切です。私は少し苦手ですが、くよくよ悩まないことです。

-仕事絡みで泣いたことはありますか?

あります。

初めての現場で段取りがうまくできず、協力業者さんに「もう帰る」と言われたことがあります。

その場では泣きませんでしたが、不甲斐なさと不安で隠れて泣いたことを今でも覚えています。

-これからの目標について教えてください。

仕事面では、専門的な知識と技術を身につけて、お客様から信頼される人物になり、提案営業で多くの仕事を受けたいです。

個人的には、インテリアコーディネーターと一級建築士の資格を取るのが目標です。そのために、休日と退勤後は資格取得のための勉強をしています。

-新卒採用を希望される方へメッセージをお願いします。

はい。

建設業は「大変」というイメージがあると思いますが、構造物が出来上がった時の達成感や感動は、はかりしれません。一緒に建築業、そして神野建設を盛り上げていきましょう!

 

総合建設業 神野建設
〒441-8077 愛知県豊橋市神野新田町字コノ割9-1
TEL/0532-32-1021 FAX/0532-32-7396
Copyright© 2015 Jinno Construction Co., Ltd. All Rights Reserved.