エントリーはこちら リクナビエントリーはこちら
愛知県豊橋市にある総合建設業、神野建設株式会社のリクルートサイトです。
総合建築業 神野建設株式会社 神野建設Webサイト 神野建設リクルートサイト

代表メッセージ

明るく楽しい会社づくりを、一緒に。

総合建設業 神野建設株式会社 代表取締役社長の平野治です。
数ある企業の中から弊社に興味を持ち、このリクルートサイトを訪れていただき、ありがとうございます。
弊社は、皆さんが抱く建設業界のイメージとは“ひと味もふた味も違った魅力”を持っています。
そのことを少しでも知っていただき、“この会社で働いてみたい”と感じていただければと思い、全社員が一丸となり、心を込めてこのリクルートサイトを立ち上げました。
私も神野建設の代表として、この場を借り、社員同様心を込めてメッセージと自己紹介を述べさせていただきます。

私の大学時代。

大学3年から4年にかけて、社会勉強のため、私はある代議士事務所の手伝いをしていましたが、そこで代議士や秘書のみなさんの仕事を目の当たりにし、私も多くの人たちの生活に関わる公益事業に就きたいと思うようになりました。
そこで地元で公益事業を行う企業を調べていく中で、豊橋・浜松地域でガス事業を中心に事業展開する中部ガスへの就職を強く希望するようになっていきました。

卒業、そして就職。

中部ガスへの就職を希望していた私でしたが、就職先は同じグループ内の株式会社中部で、土木事業部への配属となりました。
土木については何も知識がありませんでしたが、それから約30年間、営業職として勤めました。外に一日出ていて、いろいろな人と出会えるのが楽しかったし、先輩も親切で、恵まれていましたね。いやになったことは一度もありません。心がけたのは、根気強くあり続けることと、出会う人を好きになること。
若手時代、営業先で門前払いにされたことがありました。しかし、あきらめずに何度も足を運びました。近くを通りかかったとき、ちょっと空き時間ができたときなど、足繁く通って顔を見せるように努力しました。すると、徐々にそこのご主人がご自身の若いころの話を聞かせてくださったりするようになりました。さらに通い続けるうちに、一緒にスイカをいただいたりするなどすっかりうち解けて、最終的にはお仕事をさせていただくことができた、という経験があります。

やる気があれば何でもできる。

中堅企業には大手企業にはない良さがあります。それは“より多くのチャンスに恵まれている”ということ。機械的に与えられた仕事だけをこなしていればよいのではなく、どんどん自分の領域を広げ、可能性を高めていくチャンスが日常的に存在しているのです。だから、能力以上にやる気があれば何でもできるので、頑張ってやりがいをつかんでください。

若手を先輩がサポート、若葉会。

とは言え、何もわからず、何をしたらよいのかもわからないのが新人時代。ですが、この時期に学ぶ知識や、体験する成功・失敗は、その後の社会人生活における基礎となります。つまり今後のキャリアにおいて、非常に大事な時期でもあるのです。
神野建設では、若手社員に対して先輩社員がサポートを行う取組みとして“若葉会”という会があります。この会では業務に必要な知識や技量の習得サポートはもちろん、社会人生活における悩み事などのフォローも行っています。この“若葉会”を積極的に活用し、社会人としてより良いスタートを切ってください。最初は皆“新人”でした。先輩社員は全力で応援してくれますよ。

中堅企業であり、大手グループの一員でもある。

神野建設は、単体としては中堅規模ですが、同時に40社以上 約4,600人で構成されるサーラグループの一員でもあります。
そこには、当社規模の建設企業にはないような制度や利点がたくさんあります。その一つとして、サーラグループで定める試験を通じた昇格制度が挙げられます。
年に一度、各階層において昇格判定が行われますが、上位職の昇格試験では、グループ各社のトップが審査員となり、総合的な判定によって合否が決定されています。社内での実績や評価だけでなく、様々な視点から合否判定が行われますので緊張感もひとしおですが、その分公正な判定がなされます。
推薦者である上司と昇格希望者である受験者とが一体となって面接シートを作成するなど、この試験に合格した人が次に受験する人をフォローし、次の人も合格できるように内部的な応援姿勢・体制ができているのも特徴の一つで、こうしたサイクルが企業全体を強くし、人と人との結びつきをより良いものにしています。

私にとって、会社とは。

一生の約3分の1を過ごす場所です。そんなに長い時間を共有する場ですから、私にとって会社は家庭と一緒です。“家族団欒”というように、社員同士が仲良く、お互いの存在が心地よい関係であって欲しいと願います。週末を本当の家族の元で過ごし、月曜日の朝を迎えたときには、“また今日から第2の家族に会える”という気持ちになって欲しいのです。
モットーは「明るく楽しい会社」です。私は社員にできるだけ声をかけて雑談をするように心がけています。社員同士でも、もっと雑談をして欲しいと思っています。雑談の中には新しいアイデアやヒントもたくさん隠されていますが、単純に、雑談の力でお互いがもっと親密になってくれれば会社全体がどんどん良い関係になっていくと思うのです。
だから、先日開催されたボーリング大会に30数名が参加してくれたのは、本当に嬉しかった。その後の食事会にいたっては40数名が集まってくれたんですよ。感激ですね。

自分の軸をしっかりと持ってください。

今勉強されている学校を、あるいは卒業された学校を、どういう理由で選んだのか。自分は何を思い描いていたのか。将来の自分がどうなりたいと考えてきたか。考えているか。そこにその人の生き方の軸があるはずです。それは、幼少期からずっと変わらず持ち続けてきた夢のためかもしれませんし、大人になっていく過程で出会った人の影響があるかもしれません。
その軸が、“あなたらしさ”です。
神野建設に集まる社員は皆、物作りをしたい、公共の仕事がしたい、人の役に立ちたいなど、それぞれの軸を持っています。そしてそれぞれの軸がそれぞれの立ち位置で同じ方向を向きながらピンと立っています。ぶつかり合ったり絡まったりするのではなく、支え合い、時に競い合いながら、まっすぐ伸びていくのです。これは、良い人間関係を持つ企業の基本的な姿なのではないか、そうした風土を持つ神野建設は素晴らしい会社なんだ、と私は自画自賛しています。
何より、しっかりとした軸を持つことが、あなたの人生そのものを豊かで充実したものにしてくれるはずです。
素敵な人生を歩めるように、頑張ってください。

総合建設業 神野建設
〒441-8077 愛知県豊橋市神野新田町字コノ割9-1
TEL/0532-32-1021 FAX/0532-32-7396
Copyright© 2015 Jinno Construction Co., Ltd. All Rights Reserved.